瞑想 方法 やり方

瞑想の方法・やり方

瞑想の方法・やり方

瞑想のやり方をご存じない方のために、その一般的な方法をご紹介しましょう。
瞑想と一口に言っても、色々なやり方があるのですが、大体の方法で共通するような基本的なやり方を解説します。
今日から早速やってみてはいかがでしょうか。

 

環境を整える

まずは瞑想をしやすいように周囲の環境を整えます。

 

瞑想に必要なのは、静かで楽に座れる場所です。周りに何もなければ無い程良いので、周囲にはあまり物を置かない方がいいでしょう。

 

また、雑音も瞑想の邪魔になりますから、テレビや音楽は止めておきましょう。携帯電話もマナーモードでもいいですが、電源を切ってしまった方が邪魔にはなりません。

 

瞑想誘導用の音楽などをお持ちの場合は、それはかかっていても勿論構いません。

 

瞑想と音楽

 

瞑想時の姿勢

姿勢はそこまでこだわらなくても大丈夫です。座ってやるのなら、座禅を組むのがいいでしょうが座禅は難しい場合もあるでしょうから、楽であまり体に力の入らない体勢であれば何でもいいでしょう。正座やあぐらなんかは、バランスも取りやすくていいでしょう。また、寝てしまわないのでしたら仰向けでも構いません。

 

瞑想の座り方・姿勢

 

瞑想実践

姿勢を整えたら、目を閉じて、自分の呼吸に意識を向けてください。腹式呼吸が出来ればベストです。座ったままよりも仰向けの方が腹式呼吸はしやすいので、慣れていない方は仰向けになりましょう。丹田というものをご存知の方は、それを意識した腹式呼吸をしましょう。

 

瞑想の呼吸方法

 

腹式呼吸が難しいようであれば、普通の深呼吸で構いません。

 

呼吸に意識を向けているつもりでも、思考が動いてしまって雑念が浮かんでくることだと思います。雑念が浮かんできても構いません。どんな雑念が浮かんでくるかを、客観的に観察するようにしてください。その間も呼吸に集中するのは忘れずに。瞑想に慣れてくると、自然と何も考えないでいられるようになります。

 

※瞑想のやり方詳細については、カテゴリー「瞑想のやり方」を参照

スポンサーリンク