瞑想と睡眠

瞑想と睡眠

瞑想と睡眠

瞑想をすると、さまざまな面で良い影響があるということは、瞑想に興味のある方の間では、広く知られています。

 

その中の1つに、睡眠の質をよくする効果というものがあります。瞑想と睡眠は深く関係しているのです。

 

ここでは、瞑想と睡眠について掘り下げていきましょう。

 

瞑想と睡眠

瞑想は意識がある状態で、睡眠とは意識が眠っている状態です。どちらも潜在意識という深い意識を感じやすい状態ではありますが、瞑想中は思考をコントロールすることができる一方で、睡眠中はそういったことはできません。

 

朝目が覚めるとなんだか不快な気分になっていたということを経験したことはないでしょうか。睡眠というものの性質上、その深いな気分を潜在意識を結びつけてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、睡眠中には思考をコントロールできない為、そういった現象があるということを知っておきましょう。

 

逆に瞑想中にネガティブな思考・雑念が湧いてきても、コントロールすることが可能ですよね。この点が、睡眠と瞑想の大きな違いです。

 

瞑想で睡眠の質がよくなる理由

瞑想をしてリラックスをすると、そのまま寝てしまうという方もいるでしょう。こういった場合、瞑想に失敗してしまったと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

 

瞑想とは、脳をリラックスさせる効果があるものなので、眠気を感じるのは自然なことなのです。むしろ、脳がリラックスすることで、寝つきがよくなり、睡眠の質も上がります。

 

また、寝る前に瞑想で思考の整理をしておくことで、寝起きの気分をより良いものにできるでしょう。

 

不眠症気味な方や、寝つきが悪い方、夜中に何度も起きてしまう方などは、脳が興奮状態にあったり、疲れてしまっているのかもしれません。そういう方にこそ瞑想はおすすめできます。

スポンサーリンク