瞑想とスピリチュアルの関係

瞑想とスピリチュアルの関係

瞑想とスピリチュアルの関係

スピリチュアルの世界では、よく瞑想が取り上げられます。瞑想とスピリチュアルは関係ないという方、密接に関係あるという方さまざまですが、そういった精神世界のことを考える上では、やはり密接に関係があると言えるでしょう。

 

ここでは、瞑想とスピリチュアルについて掘り下げていきましょう。

 

スピリチュアルとは

スピリチュアルとは、宗教的・精神的な物事や、超自然的な、といったような意味を持ちます。どのようなものを日本語では「スピリチュアル」と呼ぶのかというと、目には見えないもの、自分自身を見つめること、自分は自然の一部に過ぎないということ、人生・カルマなどについて考えること、愛・命そのもの・・・といったような概念のことです。

 

スピリチュアルという言葉は、あまりにも広い範囲で使われているため、一言で言い表すのは難しいのですが、精神世界のことを掘り下げるとき「スピリチュアル」というジャンルに分けられるようです。

 

瞑想とスピリチュアル

精神世界について語るときに「スピリチュアル」と言われるのだとすると、その中に瞑想も含まれることもあるでしょう。

 

瞑想をただのストレス解消法や、頭をすっきりさせるため、セルフコントロールのために行う方もいらっしゃるでしょうが、何か精神世界的なものを求めて瞑想を行う方も多くいます。

 

そして、瞑想の方法に違いは得にありません。精神世界的なものに重点を置くのか、もっとカジュアルに取り組むのか、という違いだけです。
ですから、瞑想とスピリチュアルが関係ないと思う方には、関係はしていません。

 

この「スピリチュアル」という言葉に否定的な見方をする方もいらっしゃるようですが、瞑想はスピリチュアルとは離れた観点からも気軽に取り入れられるものです。

 

スピリチュアルの世界で1つの方法として瞑想が取り入れられることもあるということなので、あまり偏見を持たずに瞑想に取り組みましょう。

スポンサーリンク