瞑想状態の感覚

瞑想状態の感覚

瞑想状態の感覚

瞑想は難しい

瞑想は精神を集中させる、宗教的な儀式のようなものですが、現代ではストレスや病気といった様々なものから身を守るものとして、注目されています。

 

この瞑想は非常に難しいものです。目を閉じて精神を集中させるのですが、ただ集中するのではなく、自分の体の感覚をなくし、潜在意識だけが活動するような感覚になる必要があります。

 

とはいえ、言葉で説明するのは非常に難しく、実際に行っても瞑想状態であるかがわかりにくいため、瞑想を成功させるのは難しいと言えます。

 

成功したときの感覚

瞑想状態の感覚を説明することは難しいですが、どのような状態になれば成功かというのが、いくつか挙げられます。

 

まず、瞑想を行った際に自分の体が揺れている様な感覚になったり、回っている様な感覚になったりします。これは体に関することなので、意識しすぎると瞑想状態ではなくなってしまうため、判断が難しいです。

 

次に、遠くの音が聞こえたり、話し声が聞こえたりします。これは感覚的に意識しやすいため、判断しやすいです。そのほかにも、風景の様な映像が見えたりします。

 

瞑想を行った際にこれらの現象が起きれば、瞑想は成功と言えます。

 

時間をかけてゆっくりと

瞑想を成功させるには、何度も瞑想を行い、潜在意識だけになるための練習が必要です。瞑想状態がどのようなものかがわからない分、瞑想を成功させることは難しく、すぐに瞑想を行って成功させることは非常に困難です。

 

瞑想を成功させるには、まずは落ち着いた気持ちになることが基本中の基本。成功させようと焦る気持ちは厳禁です。

 

まずは、とにかく焦らずゆっくりと目を閉じて、落ち着いた気持ちを作るところから始めていきましょう。

スポンサーリンク