深い瞑想状態とは

深い瞑想状態とは

深い瞑想状態とは

瞑想の最初の段階

瞑想は雑念を消し精神を集中させる行為です。瞑想を行うことで、ストレスから解放されたり、うつ病や高血圧といったストレスを原因とする病気のリスクも減らしたりすることができます。瞑想は宗教的なイメージを持たれがちで、このようなメリットも精神論と思われますが、近年瞑想の効果は科学的にも証明されています。

 

そんな瞑想は、いくつかの段階に分けられます。まず、精神を集中させ、外部からの刺激を遮断します。そして、潜在意識だけになるように意識します。

 

さらに深い瞑想へ

瞑想の最初の段階では、精神を集中させ、雑念を消し、外部からの刺激も遮断する、いわば瞑想状態に入ろうとする状態です。

 

そして、さらに深い瞑想に入ると、自分の記憶などが鮮明に見えてくるようになります。今まで経験したものや覚えたものなどが、思い出されます。

 

瞑想がこの状態まで到達することによるメリットは、トラウマなどを消し去ることができるということです。トラウマは人生の中で経験したものの中で嫌だったものが記憶の奥底に居座ることで起こります。深い瞑想で、記憶の奥底まで到達することで、その嫌だった記憶などを変えることができるのです。

 

そういった部分でもストレスを軽減することができます。

 

経験が大切

通常の瞑想でも非常に難しく、何度も行いコツをつかむことで、完璧な瞑想状態へと近づいていきます。そのため、さらに深い瞑想となると、さらに経験が必要になります。

 

瞑想を始めてすぐでは、深い瞑想に入ることは非常に難しいです。しかし、何度も瞑想を行い経験を積めば、どんどんと深くに入り込んでいくことができるので、焦らずに自分のペースを崩さないように行っていきましょう。

スポンサーリンク