瞑想と内観の違い

瞑想と内観の違い

瞑想と内観の違い

瞑想とは

瞑想は精神を集中させることで、肉体的な意識をなくし、潜在意識だけになることです。自分の体や無駄な意識をなくす行為なので、いわば雑念を消す行為と言えます。

 

瞑想を行うことで、集中力があがります。またストレスを軽減する効果もあり、それに伴う病気などのリスクも軽減されるので、ストレス社会にさらされている社会人などにとっては、非常に良い効果が期待できるものです。

 

内観とは

内観とは、浄土真宗で行われている修行の一つで、自分が今までにやってきた他人に対する行動などを思い返し反省することです。このとき、相手の立場に立って反省することが大切です。

 

そうすることで、他人から見た自分の姿が見え、自分自身を客観的に見ることが出来るようになります。客観的に見ることができると、ありのままの自分の姿や評価なども見つけることができ、より自分自身の力などを磨き、向上させることができます。

 

内観を体験する

内観は自分で手軽に行うことができます。簡単に言えば、今までのことを反省するだけなので非常に簡単です。

 

しかし、客観的に自分を見るとなると難しくなります。今までの行動も思い出さなければなりませんし、自分を客観的に見るという行動も、普段は行わないことなので難しいのです。

 

そこで、内観を体験することができる場所があります。非常に静かな空間が作られており集中することができますし、行動も思い出しやすくなるようにサポートしてもらえます。内観というものが何かがわからない状態であっても、簡単に始めることが可能です。

 

このような場所を利用して内観を体験することで、一人で行うよりも高い効果を得ることができます。

 

内観を始めてみる場合には、このようなものも利用してみてください。

スポンサーリンク