瞑想はなぜ気持ちいいのか

瞑想はなぜ気持ちいいのか

瞑想はなぜ気持ちいいのか

快感の原因はドーパミン

人間は生きていく中で様々な快感を得ます。この快感はドーパミンという神経伝達物質が原因となっています。このドーパミンはお酒を飲んだ時や食事をしている時に増加することが分かっています。なので、食事をしている時が楽しいという人や、毎晩お酒を飲むのが楽しいという人がいるのも当然なのです。このドーパミンの働きで快感を得ているからです。

 

瞑想でもドーパミンが出る

瞑想を行っていると、気持ちいいと感じる時があります。快感を得ているということです。なぜ瞑想を行っていて、そのようなことが起きるかというと、瞑想を行うことでドーパミンが発生しているからだといわれています

 

。この瞑想によってドーパミンが発生し快感を得ることができるということは、まだ研究が必要な段階ではありますが、実際に瞑想でドーパミンの量が増加した人もいるため、瞑想はドーパミンを増加させる効果があるといえるのではないでしょうか。

 

瞑想の効果

瞑想は精神を集中させて雑念を消すことで、自分の心の奥底に入り込みます。これにより悩み事が解消されてストレスから解放されたり、ストレスに伴って起こる病気などを防いだりすることができます。

 

瞑想はこのように、人間にとってプラスの効果をもたらしてくれますし、ドーパミンが増加することで快感を得ることができ、楽しいと感じることもできます。

 

普段は忙しく動き回っている人でも、ゆっくりと時間をかけて自分の心に潜り込む瞑想を行うことで、普段は見えない自分が見えるかもしれませんし、普段は感じることがない快感を得ることが出来るかもしれません。普段忙しく、時間がなかなか取れないという人ほど、瞑想にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク