瞑想は楽しい!

瞑想は楽しい!

瞑想は楽しい!

瞑想の楽しさ

瞑想は目を閉じて座り、精神を集中して何も考えないようにすることです。このように見ると非常に大変だというイメージを持ってしまいます。実際に、人間は普段から様々な物事を頭の中で考えて行動しているため、考えることを止めるということは非常に難しく大変なことです。

 

しかし、難しく大変でありながらも、うまく瞑想ができるようになれば楽しさを感じることができます。

 

瞑想がうまくいくようになると、自分の心の奥深くに潜り込むことができます。自分の心を見るのです。そうすることで、自分が抱えている悩みやトラウマを解消することができるようになります。

 

今まで自分ではわからなかった自分がわかるようになるため、楽しさを感じるようになります。

 

瞑想は気持ちよさも感じる

瞑想を行うと、神経伝達物質であるドーパミンが増加するという研究結果があります。このドーパミンが増加することで、人間は快感を得ることができます。

 

ドーパミンは日常生活の中だと、食事をしている時や、アルコールを摂取した時に増加します。ほとんどの人は食事をしている時には楽しさを感じると思います。ドーパミンは快感だけでなく楽しさも得ることができるのです。つまり、瞑想をすることは楽しさにつながるということになります。

 

ゆっくりとした時間を作って

瞑想はストレスを減少させたり、楽しさを感じたりするだけではなく、自分を見つめ直すことにもなります。

 

普段仕事などが忙しく、ゆっくりとした時間をとることが出来ない人が多くいると思います。そのような状態の人は、悩みごとも多く抱えてしまいがちです。

 

そのような人こそ、普段の生活の中にゆっくりとした時間を作り、自分の心の声を聞く時間を作ってあげましょう。

スポンサーリンク