瞑想の段階

瞑想の段階

瞑想の段階

瞑想には段階がある

瞑想は静かに座って精神を集中させる行為で、ストレスを軽減させたり、病気のリスクを軽減させたりすることができます。また記憶力を向上させたり、免疫力を向上させたりすることもできます。

 

そんな瞑想ですが、どのように行うかはなんとなくイメージすることができますが、実は瞑想には段階があります。

 

では、瞑想にはどのような段階があるのでしょうか。

 

雑念を消す

瞑想とは思考を止めて、無になることで成功となります。

 

そのため、まず瞑想を始める際には、雑念を消すところから始めます。静かな空間で座って目を閉じ精神を集中させます。そして呼吸を意識するようにします。

 

これらが瞑想の入り口となりますが、人間は常に頭で考えて行動しています。ずっと物事を考えているので、考えることを止めることは非常に難しいことです。瞑想の入り口でさえ非常に難しいことですが、これらが瞑想の基本となることなので非常に大切です。

 

心の中を整理する

考えることを止め、雑念を消すことができたら、瞑想の次の段階に入ります。

 

この段階になると、自分自身が今まで経験したことなどが思い返されます。いわば心の中の記憶を客観的に見ているような感じです。

 

この状態になると、悩みごとなどを簡単に解決することが出来るようになります。また長年悩んでいたトラウマなども解消することができます。トラウマは嫌な記憶です。頭では忘れても、心の奥底に根付いており、なかなか解消されないものです。しかし、瞑想をすることで心の奥底に潜り込むことができるので、トラウマも解消することができるのです。

 

このように瞑想は段階に分かれています。まずは最初の段階をクリアできるように、少しずつ経験を積んでコツをつかんでいくことが大切です。

スポンサーリンク