ヴィパッサナー瞑想に危険性はあるのか

ヴィパッサナー瞑想に危険性はあるのか

ヴィパッサナー瞑想に危険性はあるのか

ヴィッパサナー瞑想とは

ヴィッパサナー瞑想とは、瞑想方法の一つで、物事をありのままに見る瞑想方法です。今という一瞬を客観的に見ることで、気づきを増やします。そうすることで感性が鋭くなり、日常生活の中でも、様々なことに気付くことが出来るようになります。

 

しかし、そんなヴィッパサナー瞑想には危険性をはらんでいると言われています。それはどのような危険性であり、本当に危険なものなのでしょうか。

 

瞑想法を習得する合宿がある

ヴィッパサナー瞑想には、瞑想方法を習得するための合宿があります。様々な団体が行っていますが、どの団体もおおよそ10日前後の日程です。その10日間で、瞑想状態に入れるような訓練のようなものを行うのです。

 

ヴィッパサナー瞑想の危険性として挙げられているものは、このような合宿です。ヴィッパサナー瞑想自体の危険性よりも、合宿の危険性の方が高いのです。

 

合宿がなぜ危険なのかというと、洗脳されてしまう場合があるためです。もちろんヴィッパサナー瞑想を習得し、体験することで人生観が良い方に変わることもあると思います。しかし、それが洗脳によるものであれば、非常に危険な事態を招きかねません。

 

もちろん、全ての団体がそのような洗脳を行っているわけではないので、しっかりと調べて、信頼できる指導者のもと、合宿を行ってください。

 

合宿よりも独学をおすすめ

もしヴィッパサナー瞑想を体験したくても、信頼できる指導者が周囲にいない場合には、独学で習得することをおすすめします。

 

もちろん専門的な知識を持った人から教わるのに比べれば、習得までに時間がかかってしまいます。しかし、自分自身であれば、洗脳などの恐怖心を感じることなく、瞑想方法の習得に集中できます。

 

まずは独学で試してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク