ヴィパッサナー瞑想に関する批判

ヴィパッサナー瞑想に関する批判

ヴィパッサナー瞑想に関する批判

瞑想の一種 ヴィッパサナー瞑想

瞑想は世界各地に存在していますが、様々な種類があり、方法や考え方がそれぞれ違います。ヴィッパサナー瞑想は、そんな多数の瞑想方法の中の一つです。

 

ヴィッパサナー瞑想の基本的な考え方は、物事をありのままに見るというもので、生きている中での瞬間を客観的に見ることで、感性が鋭くします。

 

そんなヴィッパサナー瞑想をはじめ、瞑想と呼ばれるものには常に批判もついてきます。それではヴィッパサナー瞑想にはどのような批判があるのでしょうか。

 

ヴィッパサナー瞑想を習得するために

ヴィッパサナー瞑想を習得しようとする人の多くは、習得するための合宿に参加します。10日間ほどの合宿のなかで、瞑想方法を教えてもらいながら、訓練していくのです。

 

しかし、合宿を行っている団体によっては、洗脳されてしまう場合があります。もちろん、全ての合宿が危険なわけではありません。しかし、いくつかの心無い団体によって、ヴィッパサナー瞑想自体に批判が出ているという状態です。

 

そのため、合宿に参加しようと思う場合には、まず下調べをしっかりと行うことが大切です。

 

そのほかの危険性

ヴィッパサナー瞑想は、合宿での危険性を除けばそれほど危険なものではありません。しかし一部では、ヴィッパサナー瞑想を行うことで、精神疾患が悪化してしまったという場合や、行っても効果がなかったという場合もあります。

 

やはり瞑想の効果には個人差があり、良い結果が出た人がいる反面、悪い結果が出る人がいるのも事実です。

 

ですが、悪い部分ばかりが目立ってしまい、批判へと繋がっていってしまいます。

 

そういった悪い部分があるという事実も考慮したうえで、ヴィッパサナー瞑想に取り組むことも、また大切なことです。

スポンサーリンク