サマタ瞑想のやり方

サマタ瞑想のやり方

サマタ瞑想のやり方

サマタ瞑想とは

サマタ瞑想は、心を静めるための瞑想です。瞑想という言葉で連想される、静かに座って目を閉じているというイメージに最も近い瞑想方法です。

 

このサマタ瞑想は、心の動きを止めることが目的です。そのため、最初は瞑想状態に入るまでに非常に時間がかかると思います。人間は常に何かしらを考え、感じているため、それを止めるというのは非常に難しいことなのです。

 

ですが、様々な効果も期待できます。

 

サマタ瞑想の効果

サマタ瞑想は心の動きを止めます。心の動きを止めるということは、心が穏やかになるということです。サマタ瞑想を長く続けることで、瞑想をしていなくても常に穏やかな心を持つことになり、ストレスなども軽減することができます。また、ストレスに伴う様々な病気のリスクも軽減します。

 

そして、心を穏やかにすることで、自分の内面だけでなく、周りの人へ及ぼす影響にも変化がでます。

 

今までイライラしがちだった人は、周りの人への対応も強くなっていたかもしれません。しかし、心が穏やかになれば、周りの人への対応も変わることでしょう。

 

サマタ瞑想のやり方

サマタ瞑想のやり方は、静かでリラックスのできる場所に座ります。そして目を閉じ、1点に集中することで、心の動きを止めます。1点に集中する方法としては、マントラと呼ばれる、意味を持たない短い言葉を頭の中で繰り返す方法や、数を数える方法などがあります。また自分の呼吸を意識するといった方法もあります。とにかく、何か1点に集中できるものを頭の中に作りましょう。

 

このようにして、心の動きを止め、雑念なども一切なくなった時に瞑想状態になります。決して楽なものではありませんが、回数をこなすことで慣れていきますので、しっかりと経験を積みましょう。

スポンサーリンク