瞑想がうまくできない場合

瞑想がうまくできない場合

瞑想がうまくできない場合

瞑想がうまくできない

瞑想は精神を集中させることが非常に大切になります。精神を集中させることで、自分自身の心の奥深くに潜り込むことができるようになります。

 

しかし、精神を集中させるということは、雑念を消し、外部からの刺激も遮断する必要があります。これが非常に難しいのです。

 

人間は常に物事を考えながら行動しています。そして、音や匂いといった外部からの刺激を感じ取っています。普段、無意識的にしていることを、しないようにするというのは非常に困難です。そのため瞑想はコツをつかむまではなかなか成功しないのです。

 

集中の対象をつくる

瞑想がなかなかうまくできない時に試してもらいたいことが、集中できる対象をつくることです。

 

瞑想の際によく用いられるのが、マントラと呼ばれる言葉です。これは意味を持たない短い言葉で、これを頭の中で繰り返すことで、その言葉に集中できるようになります。

 

また、呼吸と合わせて、吸って、吐いて、という言葉を頭の中で繰り返すことも効果的です。覚えにくい言葉よりも、単純な言葉の方が集中しやすい場合もあります。

 

また言葉を使わずに、呼吸に集中する方法もあります。これも基本的な方法で、呼吸という集中対象をつくることで、雑念が湧きにくくなります。

 

どうしてもうまくできない場合

これらの方法で練習を重ねることで、徐々に瞑想状態に入れるようになっていきますが、やはり個人差があり、どうしても瞑想がうまくいかないという人もいます。

 

そのような時は、誘導瞑想のCDを聞いてみましょう。誘導瞑想のCDとは、瞑想状態に入りやすくなるように誘導してくれる音声と、瞑想しやすい音楽が収録されたCDです。

 

これを聞くことによって、比較的簡単に瞑想状態に入れるようになります。

スポンサーリンク