瞑想で使用するマントラの種類

瞑想で使用するマントラの種類

瞑想で使用するマントラの種類

瞑想の際に使うマントラ

瞑想は雑念を消し、精神を集中させる必要があります。少しでも雑念が残っていれば瞑想は成功したとは言えません。人間は常日頃から様々なことを考えて過ごしています。そのため、頭の中から雑念を消すということは非常に難しいことなのです。

 

しかし、瞑想を成功させるためには雑念を消して集中しなければならない。そこで瞑想を行う際にはマントラを使います。

 

マントラとは

マントラは意味を持たない短い言葉です。瞑想中には雑念が次々と湧いてきますので、このマントラを頭の中で唱えることで、マントラのみに集中するように働きかけるのです。

 

マントラは意味を持たない言葉なので、どのような言葉でも構いません。なので、種類は無限大と考えられます。その中でも有名なのが、瞑想の本でも紹介された、オーン、ナーム、スバーハーというマントラ。何かの呪文のようにも聞こえますが、特に意味は持っていません。

 

また、呼吸に合わせて、吸って、吐いてと頭の中で繰り返すことも効果的です。こちらは意味を持った言葉ではありますが、自分の行動を言葉にしているだけなので、集中しやすくなっています。

 

意味を持つマントラ

マントラは意味を持たない言葉ですが、意味をもっている種類のマントラもあります。マントラ自体が意味を持っているという考え方です。

 

元々言霊という言葉があるように、言葉には力があるとされています。その常葉の力を瞑想に使うのです。

 

一見意味を持たないように思えても、意味を持っている言葉をマントラとして使います。しかし、良い言葉であればマントラとして使えるため、ありがとうなどの、意味の分かる言葉であってもマントラになり得ます。

 

より瞑想の効果を高めたい場合には、活用してみてください。

スポンサーリンク