瞑想中の呼吸が苦しいと感じる場合

瞑想中の呼吸が苦しいと感じる場合

瞑想中の呼吸が苦しいと感じる場合

呼吸が苦しい

瞑想を行う場合、独学で学びやっているという人も多くいると思います。そのような場合に多く見られるのが、瞑想中に呼吸が苦しいと感じてしまうことです。

 

瞑想は呼吸に集中して行う方法が有名です。瞑想と呼吸は密接に関係しています。そのため呼吸に意識を集中させる必要があります。

 

しかし、呼吸が苦しくなってしまうことがあるのです。その原因は何なのでしょうか。

 

呼吸方法を改めて

瞑想中に呼吸が苦しくなる原因には、呼吸方法が間違えていることが考えられます。瞑想の際に推奨される呼吸方法は腹式呼吸です。しかし、普段腹式呼吸をし慣れない場合には、方法を間違えて行っていることがあります。

 

また、息の吸い方、吐き方も間違えている可能性があります。息はしっかりと吐ききってから吸うようにします。息が吐き切れていない状態で息を吸うことを繰り返していくと、段々と苦しくなっていってしまいます。

 

まずは呼吸方法をもう一度見直してみましょう。

 

指導してもらうのも一つの方法

呼吸方法を見直しても、瞑想中に呼吸が苦しくなってしまう場合には、瞑想の方法について指導をしてもらうのも一つの方法です。

 

瞑想は普段やり慣れないことです。それを独学で調べて行えば、間違えた方法で瞑想を行ってしまう可能性も高くなってしまいます。

 

そのため、瞑想の方法について、きちんとした専門家などから指導をしてもらい、しっかりとした方法を学んでみましょう。

 

そうすることで、瞑想中に呼吸が苦しくなるような失敗を犯さなくて済みますし、より高い瞑想の効果を得ることが出来るようにもなるかもしれません。

 

瞑想の方法を間違えているかもしれないと感じる場合には、指導してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク