ろうそくの炎を使った瞑想

ろうそくの炎を使った瞑想

ろうそくの炎を使った瞑想

瞑想は集中が大切

瞑想を成功させるには、集中が大切になってきます。瞑想は精神を集中させ、雑念を消す必要があります。集中できていなければ雑念がつぎつぎと湧いてきます。つまり集中することで雑念を消すことが出来るのです。

 

しかし、人間は雑念を消して集中することが非常に難しいのです。それは人間が常に物事を考えているからです。

 

そのため、瞑想の際には集中できる対象を作ると効果的です。

 

ろうそくを集中する対象にする

瞑想中に集中するために、集中できる対象を作ります。多くの場合は呼吸に集中する方法や、マントラと呼ばれる言葉を頭の中で唱える方法があります。どちらも一つのことに集中できるため非常に効果的です。

 

そして、瞑想の初心者におすすめの方法として、ろうそくを使う方法があります。ろうそくの炎をひたすら眺めるのです。

 

こうすることで、ろうそくの炎だけに集中することが出来るようになります。

 

ろうそくの理由

ろうそくではなく、集中できるものであれば何でもいいのかと感じるかと思います。確かに、ろうそく以外の物をひたすら眺めても集中はできます。しかし、ろうそくを使うのには大きな理由があります。それは、ろうそくに炎に特別な効果があるからです。

 

ろうそくの炎は常に小さく揺らいでいます。人間はその炎の揺らぎを見ることで、セロトニンというリラックスできる物質を分泌することが期待されます。つまり、ろうそくの炎を見ることで、リラックスし、瞑想でもリラックスするため、リラックス効果が大きくなるのです。

 

ろうそくの炎は、瞑想中だけでなく、日常生活の中でも簡単に取り入れることができます。リラックスしたい時には、ろうそくを使ってみてください。

スポンサーリンク