瞑想と自己催眠

瞑想と自己催眠

瞑想と自己催眠

瞑想とは

瞑想は、精神を集中させて、雑念や思考を整理することで、心の中をすっきりとさせ穏やかにするものです。そのため、ストレスを軽減させる効果などが期待できます。

 

瞑想は元々宗教ごとに作られたものであるため、方法は様々ありますが、どれも基本的には座って目を閉じ、雑念などを消していきます。

 

瞑想は集中し、思考なども止めなければなりませんし、瞑想が成功した感覚も非常に表現しにくいものです。そのため、瞑想は難しいものというイメージが強くなっています。

 

自己催眠とは

自己催眠とは、自分自身に催眠術をかけるものです。

 

自己催眠の方法は、目を閉じた状態でリラックスをし、心の中で自分に催眠状態に入るための誘導の言葉をつぶやきます。

 

そして、さらに催眠状態へ入ると、トランス状態と呼ばれる状態になります。より深く催眠状態になることで、高いリラックス効果を得ることができます。

 

通常の催眠術を心の中で自分にかけるというイメージです。

 

瞑想と自己催眠の違い

瞑想も自己催眠も方法は非常に似ています。しかし、大きな違いがあります。それは行っている最中の集中の仕方です。

 

瞑想の場合は一つのことに集中し、雑念や思考を消すことが目的です。しかし自己催眠の場合は、自分は催眠術にかかりやすいという気持ちを持たなければなりませんし、催眠状態への誘導の言葉も自分自身にかける必要があります。集中はしていますが、思考は止めていないのです。

 

どちらもリラックス効果を得ることができますが、どちらも最初は難しいものです。最初はうまくいかない場合でも、何度も繰り返すことで、成功へと近づいていきます。

 

瞑想も自己催眠もきちんとした方法を学んで、効果を体験してみてください。

スポンサーリンク