ペットボトルを使った瞑想

ペットボトルを使った瞑想

ペットボトルを使った瞑想

瞑想でペットボトルを使う

瞑想は世界各国に存在し、それぞれ別々の考え方を持っています。そのため、方法も様々です。

 

そんな様々な方法がある瞑想ですが、中にはペットボトルを使って行う瞑想もあります。ペットボトルを使って行う瞑想はヘミシンク瞑想と呼ばれるものです。

 

ヘミシンク瞑想とは

ヘミシンク瞑想とは、瞑想方法の一種で、左右の脳波を共振させることで、意識の深いところに潜り込む瞑想方法です。

 

このヘミシンク瞑想は、主に音声CDを使って行います。このCDにはバイノーラルビートと呼ばれる音声信号が収録されており、この音声を聞くことで、深い瞑想状態に入りやすくなるのです。

 

そして、このヘミシンク瞑想を、ペットボトルを使うことでも行うことが出来るのです。

 

ペットボトルを使ったやり方

ペットボトルを使ったヘミシンク瞑想のやり方です。

 

まず、500ミリリットルのペットボトルに、3分の2ほどの水を入れます。そしてそれを片耳ずつ耳の横でゆっくりと振り、水音を聞きます。これを片耳50回ほど行います。このとき少し大きめの音を鳴らすと効果的です。

 

こうすることで、右脳と左脳のバランスが調整され、リラックス状態になります。

 

非常に簡単なのに効果的

このペットボトルを使った瞑想方法は非常に簡単です。片耳50回ずつなので、それほど時間もかかりません。

 

瞑想は集中しなければならなかったり、雑念を消さなければならなかったりと、非常に難しいことが多く、初心者では成功させるまでにも時間がかかってしまいます。しかし、このペットボトルを使った方法は、誰でもすぐに行うことが出来る上に、人によっては通常の瞑想よりも効果的だと感じている人もいます。

 

通常の瞑想が難しいと感じた場合には、ペットボトルを使った瞑想方法を試してみてください。

スポンサーリンク