瞑想をだるいと感じたときには

瞑想をだるいと感じたときには

瞑想をだるいと感じたときには

瞑想はリラックスするもの

瞑想は心の中にある思考や雑念を整理して、頭の中をすっきりとすることができます。大きなリラックス効果を得ることもできます。

 

人間は日常の生活の中にある様々な物を感じ取り、考えます。そして、それをストレスなどとして心の中にため込むことがあります。

 

ストレスをため込み過ぎてしまうと、うつ病などの病気になったり、腹痛などの症状がでたりします。

 

瞑想を行うことで、ストレスを軽減することができ、体の不調なども抑えることができます。

 

始めた当初はだるく感じる

しかし、瞑想を行っている中で、瞑想をだるく感じる時が出てきます。特に瞑想を始めて間もない頃には起きやすい現象です。

 

普段は頭の中で様々なことを考えていますが、瞑想を行うことで、その思考がストップします。このように思考を止めることで、休息の効果を得ることができるのです。

 

しかし、休息をとることで逆に疲れてしまうということがあります。それは睡眠などでも同じことです。瞑想を始めて間もない頃は、瞑想に体が慣れていないため、疲れが出てしまい、だるく感じるのです。

 

きちんとした方法で

瞑想をだるく感じても、きちんとした方法で瞑想を続ければ大丈夫です。

 

まずしっかりと睡眠をとります。そして、それに合わせて瞑想もしっかりと行っていきます。そうすることで段々と慣れていき、瞑想に対してだるさを感じなくなります。

 

瞑想をしていく中でだるさを感じなくするためには、とにかく続けることと、きちんとした方法で行うことです。

 

瞑想にだるさを感じず、しっかりと瞑想が出来るようになれば、とても高い休息効果も得られますし、リラックス効果も得られます。そして、日常生活をすっきりと過ごせるようになるはずです。

スポンサーリンク