海で行う瞑想

海で行う瞑想

海で行う瞑想

海での瞑想のやり方

瞑想は世界各国に存在しており、その方法や考え方も様々です。そのため自分に合った瞑想の方法を選ぶということも可能です。

 

そんな様々ある瞑想方法の中には海で行う瞑想方法もあります。

 

海で行う瞑想は、まず満月の日の夜の海で行います。静かな海辺に座り、満月が映った水面を眺めます。

 

こうすることで、水面に映った満月に集中することができ、瞑想状態に入ります。

 

しかし、海での瞑想はただ満月に集中できるだけでなく、瞑想に最適な効果が得られる場所でもあるのです。

 

海は瞑想に最適

海は瞑想に非常に最適な場所です。

 

まず、水面に映った満月という集中できる対象が存在します。そして、海の水面は常に動いています。そこに満月が映ることで、揺らぎを感じることができます。この海の水面の揺らぎは、ろうそくの炎などと同じようにリラックス効果を得ることができます。

 

さらに、海の波音や風の音などもリラックスできる要因となります。

 

このように海にはリラックスすることができる要素がとてもたくさんあり、瞑想をするのに最適な場所となっています。

 

注意点

海での瞑想は非常にリラックスすることができます。自宅などで瞑想を行うよりも高い効果が得られるかもしれません。

 

しかし、海で瞑想を行う場合には、注意が必要です。それは海での事故です。

 

海は満潮や干潮があるため、水位が変わります。また、瞑想は精神を集中します。そのため、知らぬ間に水面が近づいてきていて、溺れてしまったなどということになりかねません。瞑想は夜に行います。そのため大事に至る恐れもあります。

 

なので、海で瞑想を行う際には、海が満潮になる時間に行き、これ以上水位が近づいてこないという場所で行うようにしましょう。

スポンサーリンク