各国での瞑想修行

各国での瞑想修行

各国での瞑想修行

瞑想は世界各国にある

瞑想は人間の体にとって良い効果が得られるものとして、多くの人に取り入れられていますが、元々は宗教上の教えに則った儀式のようなものなので、世界各国に存在します。

 

宗教の違いや国の違いもあるため、瞑想には様々な方法があります。

 

日本の場合

日本の場合は、瞑想に対して宗教的な考えがあまりなく、健康のために海外から取り入れられました。そのため、瞑想の修行というものはあまり存在しません。しかし、瞑想を行うためのサロンや体験会などは存在します。

 

瞑想を始めようという人にとっては、瞑想についての指導をしてもらえるため、非常に便利です。

 

インドの場合

インドでの伝統的な瞑想法に、ヴィッパサナー瞑想というものがあります。インドでの瞑想修行は、このヴィッパサナー瞑想を行います。

 

期間は12日間で行われます。この修行では、多くの参加者がいますが、12日間の期間中は、他の参加者とのコミュニケーションはもちろん、目を合わせることも、話すことも許されていません。

 

また、娯楽も一切禁止されているため、瞑想にのみ集中することができます。まさに修行といえます。

 

ミャンマーの場合

ミャンマーでの瞑想修行は、瞑想センターなどで行われます。10日間ほどの期間が決まっている体験会のようなものではなく、1か月でも、それ以上でも修行に参加することができます。センターに滞在して、現地の修行者の修行内容により近い修行を受けることができます。

 

注意点

どの国でも日本人が修行を受けることが可能です。しかし、やはり海外ですので、施設内での盗難なども考えられます。そのため、防犯対策はしっかりとしなければなりません。また、修行を受ける期間によってはビザなどの問題も出てきますので、そのあたりの対策もしっかりとすることが大切です。

スポンサーリンク