瞑想すると睡眠時間の短縮になるのか

瞑想すると睡眠時間の短縮になるのか

瞑想すると睡眠時間の短縮になるのか

瞑想は休息効果を得ることができる

瞑想は人間の体にとって様々な良い効果をもたらしてくれます。例えば、ストレスの軽減であったり、集中力の向上であったりです。

 

そのような良い効果に加え、瞑想をすることで休息効果を得ることができます。そこで、瞑想をすると、睡眠時間を短縮することはできるのでしょうか。

 

瞑想は睡眠の代わり

瞑想は、普段行っている、考えるという行動を全て止めます。実は考えることも人間にとって疲れるものです。そのため、瞑想を行うと休息効果を得ることが出来るのです。

 

実際、1時間の瞑想をすることで3時間睡眠をとったのと同じくらいの休息効果が得られるといわれています。

 

つまり、睡眠の代わりに瞑想を行っていれば、疲れを感じることなく生活ができるということになり、睡眠時間の短縮ができることになります。

 

 

寝なくていいわけではない

瞑想を行うことで睡眠の代わりとなり、睡眠時間を短縮することができます。しかし、一切寝なくてもいいというわけではありません。

 

瞑想で回復できるのは、思考などによる疲労であり、いわば精神的な疲労の回復です。しかし、人間の疲労にはもう一つ肉体的な疲労があります。

 

日常生活の中で体を動かせば、それなりに肉体的な疲労が溜まってきます。この肉体的な疲労は瞑想では回復することができません。そのため、少なからず睡眠は必要になります。

 

とはいえ、肉体的な疲労を回復するために必要な睡眠は、2時間から4時間と言われています。そのため、瞑想を取り入れれば、4時間の睡眠でも疲労を感じることなく生活することができるので、結果的に睡眠時間の短縮につながります。

 

瞑想はうまく取り入れることで、非常に良い効果をもたらしてくれます。

スポンサーリンク