瞑想と自律神経

瞑想と自律神経

瞑想と自律神経

自律神経失調症とは

人間には自律神経というものがあります。これは交感神経と副交感神経がうまくバランスをとって成り立っています。

 

しかし、今の日本は何かとストレスの多い社会。そんな社会の中でストレスを受け続けることで、交感神経と副交感神経がうまく切り替えられずにバランスが崩れてしまい、自律神経失調症となってしまうのです。

 

自律神経失調症になると、鬱の様な状態になったり、体に不調が出てきたり、さらには、それに伴って別の病気にかかったりと、どんどん悪い方向へと行ってしまいます。

 

自律神経に対する瞑想の効果

瞑想を行うと、交感神経の働きを弱めて、副交感神経を活発にさせます。交感神経はストレスを感じた時に活発になる神経で、副交感神経はリラックスしている時に活発になる神経です。つまり、瞑想を行うことでストレスを軽減し、リラックスすることができるということです。

 

自律神経失調症になり、交感神経の働きが強くなっている時には、瞑想を行うことで自律神経のバランスを取り戻し、自律神経を整えることができます。そして、体の不調なども改善していくことができます。

 

ストレスにさらされている人こそ瞑想を

このように瞑想は自律神経失調症にも効果があることがわかります。つまり、瞑想はストレスに対して非常に良い効果が期待でき、瞑想はストレス社会でストレスを受け続けている人にとっての救いとなるものと言えます。

 

普段生活している中でストレスを感じているという人は、早めに瞑想を取り入れてみましょう。瞑想は難しいのではじめはうまくいきませんが、リラックスする時間だけでも取るようにしてみましょう。

 

自律神経失調症になってしまうと非常に辛いものです。なので、体の不調が出てしまう前に、瞑想で対策をしましょう。

スポンサーリンク