瞑想で怒りをコントロール

瞑想で怒りをコントロール

瞑想で怒りをコントロール

瞑想は心を穏やかにする

瞑想は一度思考を無にすることで、考えや雑念を整理することができます。考えや雑念を整理すると、日常生活の中で溜まったストレスなども整理することができます。これは瞑想が交感神経の働きを抑える効果があるからです。

 

交感神経の働きを抑えると、逆に副交感神経が働きます。副交感神経はリラックスさせる効果があります。

 

そのため、瞑想をすると、心を穏やかにする効果が得られます。

 

怒りもコントロールできる

瞑想によって心を穏やかにすることが出来ますが、心を穏やかにすることは、怒りも抑えることにつながります。

 

怒りを感じている時は、いわば心が緊張している様な感じです。瞑想はその心を解きほぐしてくれるのです。また、瞑想は思考を整理することができるので、怒りの原因を見つめ直すことができ、怒りを鎮める手助けをするのです。

 

瞑想を始めたころは、瞑想をした時にだけリラックス効果が得られ、怒りの原因なども整理することで、怒りを鎮めることができます。しかし、瞑想をしなければその効果は得られません。

 

ですが、瞑想を続けていくことで常に心を穏やかにすることができます。そのため怒りをコントロールすることもできます。

 

周りとの関係も良好に

怒りをコントロールすることは、自分自身の精神面などを守るのに役立ちますが、外部に対しても効果を発揮します。

 

常に怒りを感じている場合、周囲の人に対して悪い態度が出てしまうものです。そのような状態が続けば、周りの人も離れてしまうかもしれません。

 

しかし、怒りをコントロールすることができれば、周りの人に対しても柔らかい対応ができるようになるはずです。そうすれば、周りとの関係も良好になっていき、日常生活がより良いものになっていきます。

スポンサーリンク