長時間の瞑想をするとどうなるか

長時間の瞑想をするとどうなるか

長時間の瞑想をするとどうなるか

最初は短時間で

瞑想は初心者に簡単なものもありますが、本格的な瞑想をしようとすると非常に難しいものです。瞑想を成功させるためには、何度も瞑想を行い、しゅうちゅうの仕方などのコツをつかまなければなりません。

 

そのため、最初から長時間の瞑想をしようとする場合があります。しかし、最初から長時間の瞑想を行うことは避けた方が良いです。

 

なぜかというと、瞑想は慣れないと疲れてしまうからです。集中しなければならないというのも一つの原因です。また、瞑想は休息効果を得ることができますが、休息効果を得るとぎゃくに疲れを感じる場合があり、それらが原因で疲れてしまうのです。

 

長時間瞑想をしたとき

瞑想を何度も行い、瞑想に慣れてくると長時間の瞑想を行えるようになってきます。長時間瞑想を行ったときの感じ方というのは人それぞれです。

 

中には、非常に楽しくて長時間行ってしまったという人や、行っている最中にとても幸せを感じたという人もいます。

 

逆に、疲れてしまい途中でやめたかったけど、続けないといけないという義務感でつづけたという人もいます。

 

瞑想を長時間行った場合、言うまでもなく前者が理想的です。

 

苦痛を感じた時は

長時間瞑想を行う中で、苦痛を感じた時は無理に瞑想を続けようとせず、途中でやめるようにしましょう。

 

長時間瞑想を行うにあたって理想的なことは、瞑想をすることで、楽しさや幸せを感じることです。むしろ、そのように感じない場合は瞑想を行わないほうがいいほどです。

 

無理をすれば良い効果が得られないどころか、悪い方向へ行ってしまう恐れすらもあります。

 

瞑想をしていて苦痛に感じた場合には、絶対に無理をせずに切り上げ、自分のペースに合わせて行うようにしていきましょう。

スポンサーリンク