瞑想を行えば緊張しなくなるのか

瞑想を行えば緊張しなくなるのか

瞑想を行えば緊張しなくなるのか

なぜ緊張するのか

人間は様々な場面において緊張します。大勢の人の前でしゃべらなければならない時や、試験を受ける時などは緊張しがちです。

 

このような場面でなぜ緊張するのでしょうか。

 

緊張するときには、ノルアドレナリンという物質が分泌されます。これにより交感神経が働き、心拍数などが上がるのです。このノルアドレナリンは、ストレスを感じた場合などにも分泌されます。

 

このような流れで緊張が起きるため、緊張すると心臓の動きが早くなるのです。

 

緊張には瞑想が有効

瞑想はストレスを軽減させる効果があります。同時に副交感神経の働きを促し、リラックス効果も得ることができます。

 

緊張は、ストレスを感じた場合に分泌されるものと同じノルアドレナリンが分泌されることで起きます。

 

つまり、瞑想を行うことでノルアドレナリンの分泌を抑え、緊張も和らげることができるということです。

 

瞑想は緊張しなくなる効果もあるため、非常に幅広い使い方ができるということがわかると思います。

 

緊張をほぐす方法を手に入れる

瞑想が緊張に効果的とはいえ、試験の本番前などに、ずっと瞑想をしているわけにもいきません。

 

瞑想を重ねて、コツをつかんで来れば、緊張しないように心をコントロールするということもできるようになるかもしれません。しかし、それではすぐに使うことができません。

 

そこで、すぐに使える緊張を解く方法があります。それは、簡単な瞑想を行うことです。

 

目を閉じて、呼吸を意識します。このときできるだけ雑念を消すようにして、呼吸だけを意識するようにします。これをほんの数分行うだけでも非常にリラックスすることが出来ると思います。

 

本番前の待ち時間などが一番緊張する時間です。その一番緊張する時間を、緊張を解く時間に当てましょう。

スポンサーリンク