瞑想とADHD

瞑想とADHD

瞑想とADHD

ADHDとはどんな症状なのか

近年、よく耳にするADHDという言葉。聞いたことはあっても、どのようなものかは知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

ADHDとは、子どもから大人までに見られる症状です。症状は子どもと大人では少し異なります。

 

子どもの場合は、座っていることができず、いつも歩き回ってしまったり、順番待ちをすることが難しかったり、勉強などに集中することができなかったりという症状が見られます。

 

大人の場合は、思ったことをすぐに口にしてしまったり、すぐに衝動買いをしてしまったり、仕事などでの時間管理が苦手だったりという症状が見られます。

 

子どもと大人では多少の症状の違いがあるものの、共通していえることは、落ちついて集中をすることが難しいということです。

 

このADHDの症状の多くはストレスが原因をなっているといわれています。

 

ADHDには瞑想が効果的

そんなADHDの症状に対して、瞑想が効果的だと言われています。

 

瞑想は精神を集中させて雑念を整理し消していきます。それにより、集中力の向上などが見込めます。

 

ADHDは集中力に欠ける症状であるため、集中力を向上させる瞑想が効果的なのです。

 

また、瞑想はストレスを軽減する効果も持っています。ストレスが原因で起こるADHDであれば、瞑想で症状を軽くするということもできるはずなのです。

 

無理な瞑想は逆効果

ADHDの症状に対して瞑想は非常に効果的です。しかし、瞑想は精神を集中させる必要があります。なので、ADHDの人が集中をして瞑想を行うことが難しい事もあると思います。しかし、そのような時に周りの人が無理に目隠しなどをして瞑想をさせることはしないでください。無理に瞑想をさせようとしても、余計に集中することが出来なくなり、逆効果になってしまいます。

 

瞑想を取り入れる場合には、自然な状態で行えるようにしましょう。

スポンサーリンク