瞑想と右脳

瞑想と右脳

瞑想と右脳

左脳ばかりが発達している

人間は脳で様々なことを理解したり、考えたりしています。そんな脳は右脳と左脳に分かれています。右脳と左脳では働きが違いますが、現代では左脳ばかりが発達していると言われています。

 

今では、学校であっても職場であっても、物事を理解したり覚えたりということが求められます。それにより成績の良し悪しが決まったり、上司からの評価が決まったりするので、避けることはできませんが、そればかりを行うと、左脳だけが発達してしまうことになります。

 

しかし、左脳ばかりでなく右脳も使った方がうまくコミュニケーションを取ることができるようになるのです。

 

瞑想は左脳の働きを止める

物事を覚えたり理解したりするのが左脳の役割です。つまり、人間が何かを考えるのも左脳の役割なのです。理解をしていなければ考えることはできませんからね。

 

瞑想は、思考を止めることで精神を集中させます。頭を無の状態に持っていくのです。なので、瞑想を行うことで物事を考えることも、理解することもなくなるので、左脳が働かなくてもよくなります。

 

瞑想を行うことで、左脳の働きを止めることが出来るのです。

 

右脳を開発する

瞑想を行うことで左脳の働きを止めるだけでなく、右脳を活性化させることもできます。

 

脳は右脳を左脳に分かれているものの、ほとんど左脳が働いている状態でした。しかし右脳が働かず、左脳のみが働いているという状態は、脳全体の機能を低下させることにつながります。なので、左脳しか働いていないということは、脳の力を充分に発揮できていないということです。

 

瞑想を行うことで右脳が活性化できれば、脳全体も活性化され、今までとは違う力を発揮できるようにもなるかもしれません。

スポンサーリンク