瞑想と前頭葉

瞑想と前頭葉

瞑想と前頭葉

人間の脳の中でも大切な前頭葉

人間などの哺乳類は脳を持っています。この脳によって、考えたり記憶したり、さらには見たものや音などを認識したりもします。それほど脳は大切なものです。

 

そんな脳は、いくつかの部分に分かれています。そのうちの一つが前頭葉。名前の通り、脳の前側の部分です。

 

この前頭葉では、行動の選択に役立ちます。そして、長期記憶と呼ばれる、ずっと覚えておきたいことなどを格納しておく場所でもあります。
脳の中でも、前頭葉は大切な部分だと言えます。

 

ストレスが前頭葉に影響を及ぼす

脳の中でも大切な前頭葉ですが、この前頭葉はストレスを感じることで委縮してしまうのです。多くの研究でこの傾向は認められているため、ほぼ確実に起こりうることです。現代は多くのストレスが溢れています。学校であっても職場であっても、年齢に関係なくストレスを感じる可能性は多くなっています。つまり、生活をしていれば前頭葉が委縮してしまう可能性もあるのです。

 

また、ストレスを感じることで体や血管が委縮することもあります。そうすることで血流が悪くなり、脳への血流も少なくなってしまい、脳への影響が出ることもあります。

 

瞑想は脳に良い

前頭葉はストレスで委縮するということが分かっています。なので、前頭葉を守るには瞑想が最適です。

 

瞑想は、行うことでストレスを軽減させる効果があります。つまり、前頭葉を委縮させてしまう原因を消していくことが出来るのです。

 

また、瞑想は前頭葉の委縮を止めるだけでなく、脳全体を拡大する効果があるという研究結果もあります。

 

これらのことを踏まえて考えると、瞑想を行うことは、脳にとって良いことばかりであると言えます。いわば瞑想は脳を鍛えるとも言えそうです。

スポンサーリンク