瞑想とチャネリング

瞑想とチャネリング

瞑想とチャネリング

チャネリングとは

チャネリングとは、霊や宇宙人といった人間とは違う存在のものと交信をする方法のことです。チャネリングをすることで、霊などと会話をすることができるのです。日本ではイタコなどが有名です。

 

そんなチャネリングは、きちんと修行を積んだ人が行う分には心配はいりませんが、初心者や知識の無い人が行うと非常に危険です。

 

チャネリングは、霊などに自分の心を開くことで交信します。心だけであれば危険はそれほどありませんが、脳などにまで入り込まれると非常に危険を伴います。そのため修行をしていない人のチャネリングは危険なのです。

 

瞑想とチャネリングの違い

よく瞑想という言葉を聞くと霊といった言葉が連想されがちですが、瞑想とチャネリングの違いとはどのようなものなのでしょうか。

 

チャネリングは霊などと交信するための方法に対し、瞑想は自分の心の奥深くに入り込む物です。

 

瞑想は自分自身が自分の心の奥を客観的に見るだけなので、霊などが外部から入り込むというものではありません。

 

瞑想でチャネリングができるのか

チャネリングは、霊などとの交信をするものですが、霊以外にハイヤーセルフと呼ばれるものとも交信することができます。ハイヤーセルフとは高次元の自分自身のことです。

 

また、瞑想を行うことでもハイヤーセルフからのメッセージを受け取ることが出来るようになります。瞑想は自分の心を客観的に見ることですから、高次元の自分自身であるハイヤーセルフからのメッセージも受け取れるというわけです。

 

つまり、瞑想をすることで、ハイヤーセルフのみのチャネリングが行えるようになるということです。

 

これに関しては危険はないので、瞑想は安心して行うことができます。

スポンサーリンク