瞑想には方角が大事なのか

瞑想には方角が大事なのか

瞑想には方角が大事なのか

瞑想を自宅で行う

今日本でも人気になってきている瞑想。心を落ち着け、ストレスを軽減する効果もあるということで、多くの著名人や大企業なども取り入れているほど人気になってきました。

 

なので、自宅で瞑想を行っているという人も増えてきているのではないでしょうか。ですが、そのように瞑想を行っている人のほとんどは自己流で行っていると思います。そのため、この方法で合っているのかと心配になることもあるでしょう。その一つに座る方角があります。

 

瞑想を行う際には、どの方角を向いて座るのが最適なのでしょうか。

 

瞑想を行う際の方角

瞑想を行う際に最適な方角は、北か東です。北と東の方角は、精神を集中させることができるためです。そのように瞑想の本には記されています。

 

しかし、北を向いて瞑想をするのは避けた方が良いという意見もあります。その理由は、北を向いて建てられた神社などはほとんど存在しないからです。また、東を向いて座ると、集中することが出来ないという意見もあります。

 

このように瞑想の際の座る方向一つでも、様々な意見が出てくるのです。

 

様々な方角を試して

瞑想を行う際に最適な方角には、様々な意見がありました。そのため、どれかを信用して行うしかありません。もしくは、方角を気にせず瞑想を行うという方法です。

 

また、人によっても感じ方が変わる可能性もあります。南を向いて瞑想をした方が集中できるといった感じです。

 

そのため、様々な方角をむいて瞑想をしてみて、自分に合うと思った方角で瞑想を行うことが最も良い方法ではないかと思います。

 

もちろんどの方角でも変わらないという場合には、気にし過ぎる必要もないと思います。方角を気にし過ぎることで、逆に瞑想に集中できなくなる恐れもあるからです。

スポンサーリンク