瞑想と覚醒体験

瞑想と覚醒体験

瞑想と覚醒体験

覚醒体験とは

覚醒体験とは、自分に起きた出来事などをありのままに受け入れることができる状態になることです。

 

人間はそれぞれの意識を持っています。そのため、出来事に対して自分の意識が働き、形を変えて受け入れます。なので、ありのまま受け入れるということができません。

 

しかし、覚醒体験をするとありのまま受け入れることができるのです。同様の言葉に悟りなどがあります。

 

覚醒体験をすると、その後は現実世界に興味がなくなる傾向にあります。しかし、時間が経つと次第に現実世界の全ての意味が理解できるようになり、面白さを感じてきます。

 

このように、覚醒体験をすると、ものの見え方が変わってくるのです。

 

瞑想で覚醒体験をすることができる

瞑想は、ストレス軽減効果やリラックス効果をもっており、今では多くの人が取り入れています。

 

そんな瞑想には段階があり、段階が進むごとにより深くまで瞑想することが可能になります。その状態が超瞑想状態などと呼ばれます。この状態まで瞑想が進むと、また違った効果が得られるようになります。その中に覚醒体験もあります。やはり瞑想は思考を整理することでもあるため、物事をありのままに受け入れる覚醒体験とも関係があるのでしょう。

 

瞑想を使いこなす必要がある

覚醒体験をする場合、まずは瞑想を使いこなす必要があります。瞑想は精神を集中させなければならないため、コツが必要です。また、瞑想をより深くまで進めるにも経験を積まなければ難しいことです。なので、まずは瞑想に集中するようにしましょう。

 

また、覚醒体験もコントロールが難しいものです。一度覚醒体験をしても、その後それを自由にコントロールできるわけではありません。

 

覚醒体験をするまでには、非常に時間がかかるため、覚醒体験をしようと考えている場合には、ゆっくりと自分のペースで行いましょう。

スポンサーリンク