瞑想用に使えるお香

瞑想用に使えるお香

瞑想用に使えるお香

瞑想とお香の関係

瞑想の本場はインドやタイなどで、積極的に瞑想が行われています。そんなインドやタイでは、瞑想をする際にお香が焚かれています。

 

瞑想を行う場所が寺院であるために、お香を焚いているというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、瞑想を行う際にお香を焚くのには理由があります。

 

なぜ、瞑想中にお香を焚くのでしょうか。

 

お香を使った時の効果

お香は火をつけることで香りを発します。この香りによって、人間は心が落ち着き、精神を安定させることができるのです。なので、瞑想を行う際にお香を焚くと、瞑想に集中しやすくなります。

 

また、お香を焚くことで部屋に香りが充満します。これにより、日常の空間とは違った特別な空間を作ることができます。

 

このようにお香は、瞑想に集中しやすくなり、より深く瞑想を行うことが出来るようになるため、お香が使われるのです。

 

瞑想の際に使うおすすめのお香

瞑想の際に使うお香は、どのようなものを使用すれば良いのでしょうか。

 

特に決まりは無く、お香であればどのような物でも使えますが、おすすめは煙が少ないお香です。瞑想において呼吸はとても大切です。なので、あまり煙が増えすぎないものを使った方が、安心して瞑想を行うことができます。

 

また、香りも様々な物がありますが、基本は好みに合わせて選ぶようにします。好みに合わない香りだった場合、集中できなくなってしまいます。

 

そして、様々ある香りの中でも、自然に近い香りの物を選ぶと効果的です。瞑想を行う際は自然の音などを取り入れると、よりリラックスすることができます。それは香りでも同じことが言え、自然に近い香りと取り入れることで、リラックス効果が生まれます。

 

種類は非常に豊富なので、お気に入りのお香を見つけてみてください。

スポンサーリンク