瞑想と快楽の関係

瞑想と快楽の関係

瞑想と快楽の関係

快楽はドーパミンが発生することで感じる

人間は様々なことで快楽を感じます。この快楽は楽しさへと繋がります。例えば食事をしている時やお酒を飲んでいる時です。このような時、大抵の人は楽しく感じていると思います。

 

この快楽、楽しさは、ドーパミンという物質が分泌されていることで起きます。つまり、食事をしている時やアルコールを摂取した時に、このドーパミンが分泌されるのです。

 

瞑想で快楽を感じる

瞑想は精神を集中させ、雑念を消し、頭の中を無にします。これにより、様々な効果が得られます。

 

その瞑想の効果の中に、瞑想はドーパミンを分泌させるという効果があるのです。なので、瞑想を行うことで快楽を感じることが出来るのです。

 

このドーパミンが分泌されることによる快楽は、ただ楽しいだけの効果ではなく、瞑想におけるとても重要な効果の手助けをしているのです。

 

快楽はストレス軽減につながる

瞑想には様々な効果がありますが、その中でも最も注目されているのが、ストレス軽減の効果です。このストレス軽減の効果により、瞑想が注目され、大企業でも取り入れられることになったのです。

 

ストレス軽減の効果は、瞑想で頭の中を無にし、思考や悩み事などを整理できるために得られる効果でもありますが、ドーパミンは分泌され、快楽を感じることにより得られる効果でもあります。快楽とストレスの軽減は、密接な関係があるのです。

 

ストレスによる暴飲暴食や、アルコールの多量摂取が見られるのも、こうした原因も潜んでいるのです。

 

瞑想は暴飲暴食やアルコールの多量摂取などとは違い、健康的にストレスを軽減させることができます。

 

ストレスを感じている場合などは、日常生活の中に瞑想を取り入れてみることをおすすめします。

スポンサーリンク