瞑想 コツ やり方

瞑想のコツ

瞑想のコツ

今から瞑想を始めてみよう!という方や、瞑想初心者の方は本当にそのやり方が正しいのか、それで効果が出るのか不安にお思いではないでしょうか。そんな方のために、瞑想がより効果的になるためのコツをご紹介します。

 

瞑想のコツは何も考えないこと

何も考えないことがコツだと言われても、そうするのが難しいから悩んでしまうのですよね。思考を止めるには、単純なことに集中すればいいのです。

 

瞑想中には、深呼吸か腹式呼吸をすると思うのですが、自分の呼吸に意識を向けて、ずっと呼吸を観察しているとそれ以外のことは考えずにすみます。

 

周囲の環境音が気になる場合は、その音のみに集中してみましょう。虫の鳴き声がしているなら、その鳴き声に、エアコンの音がしているならその音に集中するといいです。

 

ずっと集中していると、何故かその音が凄く遠いものに感じるかもしれません。とは言え、一番はやはり自分の呼吸に集中し、他のことを考えないように努力しましょう。考えてしまっても落ち込まずに、その雑念を見つめてみてください。何度もそういうことを繰り返していると、何も考えない状態というのが自然にできるようになるかと思います。

 

何も考えないために

何も考えないためには、気を散らすようなものは全て排除しましょう。熱くても寒くても邪魔になりますから、部屋の室温は適温に。寒いよりは暖かいほうがいいです。

 

家族と同居されているのでしたら、暫く話しかけないように頼んでおくといいです。その他、パソコンや携帯電話、テレビ、オーディオなどの電源は切っておきましょう。

 

腹式呼吸について

深呼吸でも悪くはないのですが、出来る方は腹式呼吸の方が効果が現れやすいです。

 

詳しくは、「丹田」というものについて調べてもらうとして、腹式呼吸は自律神経のバランスを整えるので、心身ともに落ち着きます。それが、瞑想に集中しやすくなるコツでしょう。

 

今、腹式呼吸が苦手な方も練習してマスターすることをお勧めします。仰向けになると比較的やりやすいです。

 

瞑想の呼吸方法

スポンサーリンク