瞑想と自我

瞑想と自我

瞑想と自我

自我が与える様々な影響

人間は誰しも自我を持っています。なので、一人一人違う人間なのです。しかし、時折この自我が影響を及ぼしてしまうこともあります。

 

例えば、試験の前日に、試験が嫌だと感じるとします。これは無意識的に出てきた思考です。つまり、これが自我になります。試験が嫌だと感じたのは自分自身です。

 

これによって出る影響として、試験当日に緊張してしまうということが起きます。また、体調を崩してしまうかもしれません。

 

このように、無意識的に考え、それが悪い方向へと向かってしまうこともあるということです。

 

瞑想で自我の働きを抑える

瞑想を行うことで、雑念を消し思考を止めることができます。

 

雑念も無意識的に出てくる思考なので、自我ということになります。つまり、瞑想を行うことで雑念を消していくと、自我も抑えられていくのです。

 

こうすることで自我の働きをコントロールして、自我が勝手に働いてしまい悪い方向へと向かっていくことを避けることが出来るようになるのです。

 

瞑想は自分を変える

このように瞑想は自我の働きを抑えることができます。

 

自我は先ほど挙げた例のように、緊張の素になったり、対人恐怖症の原因になったりします。それが個性であるのは紛れもないことです。それが自我です。

 

しかし、その自我により悪影響が出てしまうのであれば、自分を変えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

瞑想を行い、自分を変えることで、周りとの関係も変わっていくかもしれませんし、今まで出来なかった事が出来るようになることもあるかもしれません。

 

自分を変えるのは自分です。もし、今の自分について変えたいと思う部分があるのであれば、瞑想を行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク