瞑想と第三の目

瞑想と第三の目

瞑想と第三の目

第3の目とは

人間は二つの目を持っています。この目によって目の前にあるものを認識します。しかし、もう一つ、第3の目があるとも言われています。

 

この第3の目が開くと、透視などの目の前にはないものを認識することができます。

 

では、第3の目はどのようにすれば開くのでしょうか。

 

瞑想で第3の目を開く

第3の目を開く方法は様々ありますが、瞑想を行うことでも第3の目を開くことができるとされています。

 

まず、通常通り瞑想に入ります。この時、深くまで瞑想する必要があります。通常は瞑想をする際に呼吸などに集中することで、精神を集中させていきますが、第3の目を開く場合には、眉間あたりに精神を集中させながら瞑想を行います。

 

そうすると、何もない無の状態の中に小さな光が現れ、その光に集中することで、さらにその光が強くなっていきます。

 

このような瞑想を行うことで第3の目が開くのです。

 

ゆっくりと自分のペースで

第3の目を開くことで、今までには見えなかったものが見えるようになります。それは超能力的な考えもあるかもしれませんが、新たな気づきがあるとも考えられます。

 

そんな第3の目を開くために瞑想を行うには、深くまで瞑想状態に入らなければなりませんが、瞑想を深く行うことはとても難しく、コツをつかむまでに時間もかかります。

 

早く第3の目を開こうと、必死で瞑想をすることはよくありません。無理に瞑想を行うことで疲労を感じてしまう場合もありますし、何より必死で行うことは、雑念が混ざっている証拠です。雑念が混ざれば深い瞑想どころか、リラックス効果すら得られません。

 

なので、いつか第3の目が開くかもしれない程度の考えで、ゆっくりと自分のペースを守りながら瞑想を行うようにしましょう。

スポンサーリンク