瞑想と丹田

瞑想と丹田

瞑想と丹田

瞑想は呼吸も大切

瞑想は精神を集中させることが最も大切であるように思われがちです。たしかに瞑想に思考や雑念は不要です。

 

しかし、さらに大切なことがあります。それが呼吸です。瞑想は呼吸に集中することが大切と言われるほど呼吸も大切なのです。

 

最も良いのは腹式呼吸です。腹式呼吸はそれ自体に、自分の心の状態を落ち着ける効果があるのです。そのため、瞑想では腹式呼吸が取り入れられるのです。

 

丹田呼吸法

呼吸法には、丹田呼吸法というものがあります。丹田とは人間のへその5センチほど下にあるツボのことです。丹田呼吸法は、その丹田を意識しながら呼吸を行うのです。

 

この丹田呼吸法を行うと、セロトニンという神経伝達物質が分泌されます。このセロトニンは心を落ち着ける効果があります。

 

そのため、イライラしたりストレスを感じたりしている時には、丹田呼吸法で呼吸を行うことで、心を静めることができます。

 

実際には呼吸をするだけなので、非常に簡単に取り入れることができます。

 

瞑想と丹田呼吸法を組み合わせると効果が高まる

瞑想は呼吸を意識するとともに、心を穏やかにし、精神を集中させることで、より深く瞑想を行うことができます。

 

そこで、瞑想を行う際に、丹田呼吸法での腹式呼吸を取り入れると非常に効果的です。

 

丹田呼吸法は、セロトニンを分泌させ、心を穏やかにさせる効果がありました。そして、腹式呼吸もまた、心を落ち着ける効果を持っています。
つまり、丹田呼吸法での腹式呼吸は、心を落ち着ける効果が2倍になるということです。

 

なので、この呼吸法で瞑想を行うことで、より心が静まり、精神を集中させやすくなります。そして、深くまで瞑想を行うことが出来るようになります。

 

瞑想をより効果的に行うなら、丹田呼吸法での腹式呼吸をおすすめします。

スポンサーリンク