ランニングと瞑想中の状態は似ているのか

ランニングと瞑想中の状態は似ているのか

ランニングと瞑想中の状態は似ているのか

ランニングと瞑想

普段健康のためにランニングを行っているという人もいるかと思います。ダイエット効果や運動不足解消に最適ですよね。

 

そんなランニングと瞑想は似ている部分があるのです。

 

ランニングは走るのに対し、瞑想は静かに座って行います。方法こそ真逆ですが、効果の部分で似ているのです。

 

瞑想はストレス軽減効果がある

瞑想を行うとストレス軽減の効果が得られます。

 

瞑想は精神を集中させ、心の中にある思考や雑念を消し、心を無にします。そうすることで心の中に溜まっていた悩みごとやわだかまりを、綺麗に片づけることができます。これにより、ストレスの素も片づけられて、ストレスが軽減するのです。

 

また、瞑想を行うことでドーパミンと呼ばれる、快楽を感じることができる物質が分泌されます。これは食事中などにも分泌されるものです。ストレス解消に美味しいものを食べるという人もいるかもしれませんが、瞑想でも同じような効果が得られるのです。

 

ランニングで起こるランナーズハイ

ランニングと瞑想が似ている部分はストレスを軽減するという部分です。

 

ランニングを行うと、ランナーズハイと呼ばれる状態になります。これは、走ることで脳内でエンドルフィンと呼ばれる物質が分泌されて、気分が高揚した状態になることで起きます。

 

ランナーズハイが起きている時は、ストレスも軽減されているのです。これが瞑想と似ている理由です。

 

ランナーズハイは、スピードを上げて走らなくても、ゆっくりと時間をかけて走ることでも起きます。しかし、やはり運動は運動なので、多少の疲労感は避けられません。

 

なので、運動の得意不得意や集中することの得意不得意などで、ランニングを行うか瞑想を行うかを決めても良いかもしれません。

スポンサーリンク