ヨガはストレッチと瞑想

ヨガはストレッチと瞑想

ヨガはストレッチと瞑想

瞑想と聞くと抵抗がある方もいれば、全然抵抗なくされた経験がある方もいるでしょう。

 

ここでは身近にできる瞑想についてお話しさせてもらいます。

 

瞑想とは、日常のいろいろなしがらみやストレスかた解き放たれて、自然と一体化になり、自分と向き合う時間ともいえます。

 

現代はストレス社会と言えます。周りの方も目や意見、競争社会における競争、ご近所づきあいなどいろいろなことでストレスを感じるでしょう。そのため、心が常に外にむきやすい。そのため、内に心を向ける時間、自分と向き合う時間を持つことでバランスをとることも大切です。

 

例えば心に余裕がなくなればイライラしやすくなります。イライラしやすい時こそ自分と向き合う時間を作ることで、どんなことに自分が腹を立てていたのか客観的にみれるようになればイライラしにくくなります。

 

自分を見つめること=自分を知る=人間関係もうまく行きやすい=ストレスが減るのかもしれません。

 

では中でも一番手軽な瞑想はヨガであると私は考えます。

 

ヨガはストレッチと思いがちではありますが、瞑想の要素もあります。ストレッチしながら、呼吸法を取り入れながら自分を労わることでいろいろな外への思いを解き放つ。その方法は、ヨガには耳を抑えて「んー」と唱える時間もあります。目を閉じているだけだと、「今晩のおかず何にしよう」や「あの仕事、どうだったかな」と無意識に考えてしまいます。そこで何か言葉を口に出すことでつい考えてしまうことが減り、純粋に自分の内に心が向くそうです。

 

これはヨガ教室に行かなくても、お家で数分手軽にできる瞑想なので、ぜひ一度トライしてみてください。

 

どこか心がスッとするのを感るでしょう。

 

ストレス社会だからこそ、メンタルも自己管理の必要性が問われるのではないでしょうか。

スポンサーリンク