企業も瞑想を活用している

企業も瞑想を活用している

企業も瞑想を活用している

瞑想を行う企業

瞑想は元々宗教的な行為であり、今でも瞑想に対して宗教や霊能力といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そして、瞑想は危険なものだと感じているのではないでしょうか。

 

しかし、この瞑想は今や企業でも取り入れられているのです。元々欧米の大企業が瞑想を取り入れはじめましたが、その効果は非常に大きかったため、日本の大企業でも、社員研修などで瞑想が行われるようになりました。

 

なぜ、大企業が瞑想を取り入れるようになったのでしょうか。

 

瞑想によるストレス軽減効果を活用

今、企業に勤めている人の多くはストレスを感じています。人間関係であったり、業務の忙しさであったりと原因は様々です。そして、そのストレスが溜まっていくと、うつ病であったり、心臓疾患になったりといった病気が発症してしまい、仕事を行うどころではなくなってしまうのです。

 

そこで、大企業は瞑想のストレス軽減効果に目を付けました。

 

瞑想を行うことで、心を無にし、悩みなどを整理することでストレスの原因となっていたものをなくします。また、瞑想によって、ドーパミンが分泌され快楽を感じます。この快楽がストレス軽減に役立っています。

 

このように瞑想にはストレスを軽減する効果が、非常に多く含まれているのです。そのため大企業も瞑想を取り入れ始めたのでした。

 

働く人こそ瞑想を

日本の大企業でも瞑想が取り入れられているとはいえ、それほど多くの企業が実践しているわけではありません。

 

しかし、瞑想は自宅でも行うことが可能です。なので、勤めている会社で瞑想が取り入れられていないとしても、個人的に瞑想を行うことで、ストレスを軽減できます。

 

働く人はストレスを抱えがちです。そんな働く人にこそ、瞑想を実践してもらいたいと思います。

スポンサーリンク