瞑想とプラーナ

瞑想とプラーナ

瞑想とプラーナ

プラーナとは?

プラーナとは、宇宙に存在しているエネルギーであり、サンスクリット語で呼吸などを意味します。日本では気と呼ばれるものと同じものです。

 

このプラーナは空気中に漂っており呼吸をすることで自然と体内に取り入れられます。プラーナを体内に取り入れることで、様々な効果を得ることができるとされています。そして、プラーナは瞑想と非常に深い関係にあります。

 

プラーナを取り入れること

プラーナは呼吸をすることで体内に自然と取り込まれます。プラーナは命あるものに命を与えるエネルギーと考えられており、呼吸をしてプラーナを取り入れることで生きているとも言われています。

 

命を与えるエネルギーですから、プラーナは非常に強いエネルギーです。そのため、体内に取り込むことで、非常に強いパワーを増やすことができます。

 

もちろん呼吸で自然と入ってくるプラーナは少ないものであり、意図的に多く取り入れれば、それだけパワーは増すことになります。

 

より多く取り入れるには

プラーナを体内により多く取り入れるには、瞑想が効果的です。

 

まず目を閉じ複式呼吸を10分ほど行います。こうすると身体の波動が高まります。そして、プラーナを光とイメージし、頭頂部からその光を取り入れるイメージを行います。

 

考え方や行い方は非常に難しいものなので慣れが必要になるかもしれませんが、目を閉じて心を落ち着けで行けば、自然と取り込めるプラーナの量も増えていくでしょう。

 

このようにすれば、通常よりも多くのプラーナが取り込め、より活気ある生活が送れるようになります。

 

日常生活があまり充実していないなどの悩みを抱えている時には、瞑想を行う時間を作ってみても良いかもしれません。

スポンサーリンク