瞑想にまつわる嘘

瞑想にまつわる嘘

瞑想にまつわる嘘

瞑想には嘘が混ざっている

瞑想はとても神秘的なものであり、一般の人ではとても行えないものだと思われている節があります。そのようなイメージからか、様々な嘘の情報も混ざっていることがあります。

 

瞑想が持たれているイメージからできた嘘の真実を知ることで、瞑想は非常に身近なものになり得ます。

 

では、瞑想に関する嘘にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

瞑想は修行とは違う

瞑想で一番大きな嘘というと、修行に関することではないでしょうか。

 

瞑想は修行のようなもの、瞑想を行うことができるまでには修行が必要といった具合です。実際に修行の様にして行う瞑想もあります。1週間ほど施設にこもって瞑想を行う場合もあります。

 

しかし、瞑想にはそのほかの種類もあり、自宅で目を閉じて心を落ち着かせるような、簡単に行える瞑想もあります。もちろんこの瞑想でも様々な効果は得られます。

 

瞑想は難しいという固いイメージを持たずにリラックスして行うことが何よりも大切なことです。

 

特別な道具は必要ない

瞑想に関するもう一つの嘘は、特別な道具が必要というものです。中には、瞑想と言えば宗教と結び付けてしまうような人もいて、瞑想の道具を買わされるのではないかと考える人もいるようです。

 

瞑想はお香や音楽などを使い匂いや音を取り入れることで、さらに高い効果を得ることができるようになります。しかし、お香も音楽もそれほど特別なものではなく、お香に関しては市販されているものでも十分です。

 

また、道具をそろえなくても、体一つあれば瞑想は行えます。決して必要になる道具などはなく、あくまで効果を高めることができるものです。

 

極端な話、今から瞑想をやろうと思えば、十分行うことはできるということです。

スポンサーリンク