トラタカ(トラタック)瞑想とは?

トラタカ(トラタック)瞑想とは?

トラタカ(トラタック)瞑想とは?

トラタカ瞑想とは

トラタカ瞑想とはトラタック瞑想とも呼ばれる瞑想方法で、トラタカという言葉が意味する、凝視するという言葉のとおり、凝視することで瞑想を行います。

 

この瞑想方法では、一点を集中して凝視することで、第三の目のように、別の視点から物事を見ることができるようになります。

 

しかし、このトラタカ瞑想は、そのほかの瞑想方法に比べて非常に辛く、行うのも難しいものだと言えます。

 

かなり辛い瞑想法

トラタカ瞑想が非常に辛い瞑想方法だと言える所以は、凝視をするという行為にあります。

 

トラタカ瞑想ではある一点を凝視し続けます。このときまばたきはしてはいけません。人間は目を開け続けると乾燥して痛くなり涙が出てきます。たとえそのような状態になっても目を閉じず、涙があふれてきても気にせずに続ける必要があります。これはかなり辛いものです。

 

また、目が痛くなってくると痛みに気をとられ一点を凝視することが難しくなってきます。そういった部分でもトラタカ瞑想は辛い瞑想方法です。

 

目を開け続けると目を痛める危険もあるので、個人で行う場合には無理をしないようにしましょう。

 

ろうそくを使った方法

トラタカ瞑想には、ろうそくを使った方法も効果的です。

 

トラタカ瞑想は一点を凝視するという特性上、なにか印となるものを置き、それを凝視するというやり方が効果を発揮します。印はなんでもかまいませんが、ろうそくの火は常に小刻みに揺れており、その揺れがリラックス効果を生み出します。そのため、同時にリラックス効果も得られ、一石二鳥なのです。

 

トラタカ瞑想を行ってみようという人はろうそくを準備しておくと、さらに効果的に行えるようになるでしょう。しかし、絶対に無理は禁物です。

スポンサーリンク