フルフィルメント瞑想には危険性はあるのか

フルフィルメント瞑想には危険性はあるのか

フルフィルメント瞑想には危険性はあるのか

瞑想は危険なもの?

瞑想と聞くと、宗教という言葉を思い浮かべる人や、はたまた危険なものと感じる人も多いかもしれません。

 

瞑想をすることで、憑依されるといった情報や、精神を壊すといった情報が流れているため危険だと感じる人が多いのでしょう。

 

もちろん瞑想はより深く行うことで強い効果を得られますが、より深く行う場合にはきちんとした方法で行わなければ危険を伴う可能性もあります。しかし、全ての瞑想が危険なわけではありません。

 

フルフィルメント瞑想とは

フルフィルメント瞑想とは、マントラとヤントラを指導者から伝授してもらうことで、努力やコツが必要な瞑想ほどの効果を簡単に得ることができる瞑想方法です。

 

指導者から伝授というと、また宗教的な危険性を感じてしまうかもしれませんが、決して危険なものではなく、誰でも簡単に瞑想状態に入ることができ、疲れやストレスの解消といった効果が期待できます。

 

しかし、このフルフィルメント瞑想には少なからず危険性をはらんでいるのも事実です。

 

フルフィルメント瞑想における危険性

フルフィルメント瞑想における危険性は、瞑想自体の危険性ではなく、伝授してもらうことに危険性があります。

 

マントラとヤントラを伝授してもらうには、それなりに費用が掛かります。しかし、どの伝授する人が本当に伝授することができる人であるかはわかりません。つまり、費用だけをとられ、実際には伝授してもらえていないということにもなりかねないのです。いわゆる詐欺のような感じです。

 

今ではネットで様々な情報があります。その中で信用できそうな指導者を探し、その人から伝授をしてもらえば決して危険なものではありません。

 

少しでも怪しいと思う人からは伝授をしてもらわないようにしましょう。

スポンサーリンク