ヴィパッサナー瞑想と仏教

ヴィパッサナー瞑想と仏教

ヴィパッサナー瞑想と仏教

ありのままの自分を見る瞑想

世界には数多くの瞑想があります。方法も違えば考え方も効果も違います。多くの瞑想は雑念を消して心の奥深くに潜り込むような瞑想です。そのため、雑念を消す努力が必要になったり、より深くに潜り込むためのコツが必要であったりし、誰もが簡単に行えるものではありません。

 

しかし、ヴィッパサナー瞑想は少し違います。ヴィッパサナー瞑想はありのままの自分を見る瞑想です。そのため、雑念を消す必要もなく、ただただ瞑想中の自分のすべてを観察することで行うことができます。

 

ヴィッパサナー瞑想は誰にでもできる

ヴィッパサナー瞑想は雑念を消す必要がなく、誰でも簡単に行えます。これはヴィッパサナー瞑想が作られた際の狙いを忠実に守っていることになります。

 

ヴィッパサナー瞑想は、お釈迦さまが誰でも確実に悟りを体験することができるようにと作った瞑想方法です。作られて2500年以上もの間、テーラワーダ仏教の長老が守り、今も行われているのです。

 

しかし、仏教によって守られてきた瞑想方法だからと言って、宗教に入る必要はなく、誰でも行うことができます。それこそがヴィッパサナー瞑想のあり方なのです。

 

ヴィッパサナー瞑想に大切なこと

ヴィッパサナー瞑想は誰にでも行えるほど簡単なものですが、守るべき大切なこともあります。それは、観察を事細かに行うということです。

 

人間の行動は、たとえ一つの動作であっても細かく分けることができます。例えば、ヴィッパサナー瞑想で行われる、歩くという動作。人間は歩く際、足を持ち上げ前に出し地面に着けます。次に反対の足を持ち上げ、さらに前に出して地面に着けます。これを繰り返すことで歩きます。

 

ヴィッパサナー瞑想では、この動き一つ一つをしっかりと観察することで、長い間仏教が守ってきたヴィッパサナー瞑想の本当の効果が得られるのです。

スポンサーリンク