サマタ瞑想の効果

サマタ瞑想の効果

サマタ瞑想の効果

サマタ瞑想とは?

サマタ瞑想は比較的スタンダードな瞑想方法です。

 

サマタ瞑想の方法は、何かに集中をするという方法です。座って目を閉じ、何か目標を定めてそれに集中をする。よく行われるのは呼吸に集中する方法です。息を吸うこと吐くことに集中をすることで、だんだんと集中力が増していきます。

 

集中するものは呼吸以外でもよく、図形を用意してそれを見つめるといった方法でも可能です。しかし目を閉じた方が集中しやすいという場合は、呼吸が最も集中しやすいのではないでしょうか。

 

無の瞬間が訪れる

サマタ瞑想の目的は心を無にすることです。とはいっても、無理に雑念を消そうとするとそれが雑念になってしまいますし、なかなか意識して雑念を消すことは難しいものです。そのため、サマタ瞑想では無理に心を無にするのではなく、呼吸などに集中をし続けることで自然と無にしていきます。

 

最初は、なかなか無になりにくいものですが、続けていくことでいずれは無の瞬間が訪れるようになります。これがサマタ瞑想における成功です。

 

サマタ瞑想による効果

サマタ瞑想を行うことで、どのような効果が得られるのでしょうか。

 

まず一つ目が集中力を養うことができるということです。サマタ瞑想の最中は何かしら一点に集中をしています。それを続けることで、日常生活においても集中をすることが容易になります。

 

また、集中をして無になった瞬間、心が空っぽの状態になります。つまり、普段から抱えている不安や悩みを心からなくなってしまうのです。それによってリラックス効果も得られます。

 

サマタ瞑想は成功させるまでに多少のコツや時間が必要になってしまいますが、普段の生活に疲れてしまっている人にとっては、非常に良い瞑想方法です。

スポンサーリンク