サマタ瞑想には危険性はあるのか

サマタ瞑想には危険性はあるのか

サマタ瞑想には危険性はあるのか

サマタ瞑想は一点に集中する瞑想

 

サマタ瞑想は瞑想中の呼吸など、なにか目標を定め、それに対して集中をするという瞑想方法です。集中すべきものがあるため、比較的行いやすい瞑想です。

 

サマタ瞑想は一点に集中するため、集中力が養われ、その集中力は日常生活でも力を発揮します。

 

集中力を手に入れたいという人にとっては、とても良い瞑想方法ですが、このサマタ瞑想には危険性はあるのでしょうか。

 

危険性はほとんどない

サマタ瞑想に危険性はほとんどないと言えます。というのも、危険性を訴えている人が他の瞑想方法に比べて少ないのです。

 

瞑想は自分の心の奥深くに潜り込むものがあり、それを行うことで霊感が強くなり危険だと言われています。また、専門家から指導してもらうタイプの瞑想は、指導者によって洗脳される危険性があるとも言われます。

 

このように瞑想について様々な危険性が訴えられていますが、サマタ瞑想に関してはほとんど危険性が訴えられていません。

 

危険性を訴えている人もいる

サマタ瞑想の危険性を訴える人は、あくまでほとんどいないので、少なからず危険性を訴えている人もいます。

 

例えば、サマタ瞑想は一点に集中する瞑想方法なので、続けていくことでその一点以外には集中ができなくなり危険だというもの。また、サマタ瞑想は集中力を養うものであり、これによって集中力が増した時に、逆に注意力は落ちてしまうという危険があるというものなどがあります。

 

サマタ瞑想について危険だと考えている人も少なからずいるということです。もちろん絶対に安全とも絶対に危険とも言えないものなので、瞑想を行う際には予め危険性を把握しておき、その危険を感じた場合にはすぐに瞑想を止めるというのが、最も安全な方法なのではないでしょうか。

スポンサーリンク