誘導瞑想とハイヤーセルフ

誘導瞑想とハイヤーセルフ

誘導瞑想とハイヤーセルフ

ハイヤーセルフとは

人間は自分の中にもう一人の自分を持っています。そのもう一人の自分のことをハイヤーセルフと言います。

 

ハイヤーセルフは高次元の自分とも言われ、悩みごとや選択すべきことに対してのアドバイスをもらうことができます。

 

人間は様々な選択を迫られる場面がありますが、ハイヤーセルフからのアドバイスによって選択をしながら生きていると考えられているのです。

 

誘導瞑想でハイヤーセルフとつながる

誘導瞑想は瞑想の中でも簡単なもので、音声などによって瞑想状態に連れて行ってもらう瞑想方法です。自分自身の力をあまり必要としないため、瞑想に慣れていない人であっても、簡単に瞑想状態になれるのです。

 

誘導瞑想は簡単ではありますが、高い効果を期待できます。その効果の一つがハイヤーセルフとつながることです。

 

通常、人間はハイヤーセルフからアドバイスをもらう際には無意識的に自分からハイヤーセルフに歩み寄ります。しかし、ハイヤーセルフとつながることで自分から歩みよる必要がなく、いわば自分とハイヤーセルフが同一の存在のようになります。

 

ハイヤーセルフとつながることの効果

ハイヤーセルフとつながることでどのような効果が得られるのでしょうか。

 

誘導瞑想によってハイヤーセルフとつながると、より強くハイヤーセルフのアドバイスを受けることができるようになります。つながるということは今までよりも近くなっているということですから、効果も強くなるのです。

 

より強くアドバイスを受けることができるようになると、今まではできなかった選択をすることができるようになるかもしれませんし、今までは間違った選択をしていたことに気づき、修正をしようとするかもしれません。

 

より人生が良くなっていくことにつながるのです。

スポンサーリンク