瞑想は1日に何回行うのがよいのか

瞑想は1日に何回行うのがよいのか

瞑想は1日に何回行うのがよいのか

瞑想は何回行うべきか

瞑想の方法を学び、いざ瞑想を行おうとした場合、もう一つ疑問が浮かびます。それが、1日に何回の瞑想を行えばよいのかということです。

 

瞑想は回数によっても効果が変わりそうですから、きちんとした回数を知って、それに従って行いたいものです。

 

では、実際に1日に行う瞑想の回数は何回が良いのでしょうか。また、それによってどのように効果が変わるのでしょうか。

 

回数に決まりはない

瞑想には基本的に決まりはありません。もちろん瞑想の種類によっては明確な決まりがある場合もありますが、個人的に行うものに関しては、あまり決まりを気にせずに気軽に行うことの方が重要です。つまり、回数に関しても特に決まりはありません。

 

もちろん、瞑想を多く行った方がより効果を実感しやすくはなりますが、1日に何度も行うことですぐに飽きてしまい、数日しか続けられなかったのでは瞑想の意味がなくなってしまいます。

 

そのため、自分が満足する回数を行うことが大切です。

 

おすすめは1日2回

1日に行う瞑想の回数は自分自身で決めても構いません。しかし、もし可能であれば1日2回の瞑想がおすすめです。それは朝と夜に行います。

 

朝は1日の行動の始まりなので、朝のうちに瞑想を行うことで身体の調子や気分が整い、1日を良く過ごすことができます。その中で、良いことが起きるかもしれません。

 

そして、夜は1日の終わり。仕事などを1日行うと、身体には疲れが溜まります。職場によってはストレスも溜まってしまうかもしれませんね。それらを身体に溜めたままにしておくと、次の日も疲れたままになります。この疲れやストレスを解放するにも瞑想は効果的です。

 

1回の瞑想は5分程度でよいので、少し時間をとって瞑想を行ってみましょう。

スポンサーリンク